くわのす - イギリス旅行記2017 - 9月4日(月)その2

2017年9月4日(月) その2

CX510

香港からは台北経由福岡行きのキャセイ機で帰国。

このページでは台湾部分は台湾時間(日本時間-1)、それ以降は日本時間で表記します。

16:30 台湾が見えてきた

飛び立って一時間すると眼下に陸地が見えてきました。経由地の台湾です。台湾って淡路島くらいの大きさかなと思っていましたが、意外と大きく九州くらいの大きさがあるのですね。

台湾の西海岸を見ながら高度を徐々に下げます。工業地帯や大きな川、鉄道の車庫らしきものが見えます。

CX510
揺れもなく快適な飛行。
CX510
16:30、台湾が見えてきた。
CX510
これは工業団地か何かだろうか。
CX510
海岸線と道路がはっきり見える。
CX510
大きな川が流れている。
CX510
滑走路が見えるが、これは経由地の桃園国際空港ではない。
CX510
線路と鉄道の車庫らしきものが見える。
CX510
高度が下がり、陸地がはっきりしてきた。
CX510
遠くに見えるのは台北の市街地だろうか。
CX510
溜池が多い。

ページトップ

16:53 台北・桃園国際空港に着陸

遠くに台北の市街地を見ながら、やがて経由地の桃園国際空港に着陸します。

CX510
16:53、台北・桃園国際空港に着陸。
CX510
台湾国旗。
CX510
無事着陸し、ターミナルへ向かう。
CX510
これは別のキャセイ機材。日本への便は台北経由が何便かある。

ページトップ

17:00 一旦飛行機を降ろされる

17:00、機はターミナルに到着しますが、ここで降りる人はもちろん、最終目的地の福岡へ行く人もここで一旦降ろされます。

ここの空港は到着フロアと出発フロアが同じで、きらびやかな免税品店が並びます。ここでトイレを済ませ、出発ゲートに行くため乗り継ぎゲートに行きます。

ここも乗り継ぎゲートでセキュリティチェックがありますがガラガラ。前回香港旅行の時はカメラの三脚が手荷物に入っている、と引っかかりキャセイのカウンターに預け直しましたが、今回は三脚は機内持ち込みはしていなかったのでなんの問題もなくパス。搭乗ゲートに進みます。

この空港の搭乗ゲートは免税品店も売店も何もなく、おもしろい壁画を見たり、滑走路から飛び立つ飛行機を見たりしながら時間を待ちます。

CX510
17:00、桃園国際空港に到着。
CX510
ここで降りる人はもちろん、福岡まで行く人もここで一旦降ろされる。
CX510
桃園国際空港、到着・出発フロア。
CX510
二年前にも来た。
CX510
免税品店が並ぶ。
CX510
案内所。
CX510
トイレを済ませておく。
CX510
乗り継ぎはコチラ。
CX510
この後手荷物検査と身体チェックがある。
CX510
二年前に来たときは手荷物検査でカメラの三脚が引っかかったが、今回は三脚はないので無事通過。
CX510
このB6ゲートはカベに描かれた壁画というかオブジェがおもしろい。
CX510
左はお釈迦様か?
CX510
出発ゲート前で飛行機の離陸を見る。
CX510
ここでも杖を突いた"ゆう"を見た係員が優先搭乗させてくれた。

ページトップ

17:50 台北・桃園国際空港出発

ここでも"ゆう"を見たスタッフ、優先搭乗をさせてくれました。ここまで優遇してくれるとこれが当たり前の感覚になってしまいます。

17:50、機は動きだし、夕日が照らす中滑走路に向かいます。

前回の香港旅行の際、この空港は滑走路が一本しかなく、順番待ちで1時間以上待ちましたが、二本目の滑走路が出来、この時は待ち時間なしで離陸しました。

上空に出ると月が出てきました。そういえば今から約12時間前も機上で月を見ましたが、あれから12時間しか経ってないのに同じような月の出を見るのは何か不思議な感じがします。

CX510
17:40、搭乗開始。香港からと同じ席に座る。
CX510
17:50、出発。
CX510
桃園国際空港。
CX510
夕日が綺麗。
CX510
二年前は滑走路が一本しかなかったためかなり待たされたが、この時は二本に増えたので待ち時間無くすんなり、台湾時間18:04、日本時間19:04に離陸。
CX510
手前にゴルフ場、その向こうが台北市街か。
CX510
ここにも大河。台湾って意外と大きな川が多いのかも。
CX510
あっという間に雲の上へ。夕日で赤く染まる雲。
CX510
月が出てきた。そう言えば今から12時間ほど前にも同じ光景を見ている。何か不思議な感じ。
CX510
日本時間19:25、機内食が配られる。

ページトップ

20:50 福岡に到着(ここからは日本時間で表記)

途中、またまた機内食が出され、ペロリと完食。モニターを見るといよいよ九州が近づいて来ました。

飛行機は長崎県の五島列島、平戸上空を通過し、唐津の北の壱岐島で福岡方面に方向転換、博多湾を見ながら、日本時間20:50に福岡空港に着陸しました。

入国審査を通過し、前回の香港旅行、昨年の韓国旅行ではなぜか質問があった税関もフリーパス、無事日本に帰って来ました。

CX510
20:25、五島上空。やっとFukuokaの文字が見えてきた。
CX510
機は平戸を通過し、壱岐島上空で福岡方面に進路変更。博多湾手前の海の中道付近。
CX510
博多湾上空。
CX510
博多ベイエリアの夜景。
CX510
野球場の照明がまぶしい。
CX510
天神あたりか。
CX510
間もなく着陸。
CX510
20:50、福岡空港に着陸。
CX510
青い神秘的なライトに誘導される。
CX510
国際線ターミナルに近づいてきた。
CX510
定刻より10分早く21:00、福岡に到着。遠かったぁ〜。
CX510
到着フロアへ。
CX510
ああ、福岡に帰ってきた。
CX510
入国審査、税関を抜け、21:15、到着ロビーに出る。

ページトップ

21:40 地下鉄で唐津へ

CX510
出迎えの人だろうか。

しかし、旅はまだ終わりではありません。ここから唐津まで戻らないといけません。

もう時間が遅いの国際線ターミナルからタクシーで博多駅へ移動。ドライバーさん「どこからですか?」と質問され「ロンドンから」と答えると今日のお客さんで一番遠いところからだ、と感激されていました。なんでもこの日の最遠のお客さんはフランスからだったそうで、最後に一番遠いところからきたお客さんなんだそうです。

博多駅筑紫口で降ろしてもらい、地下鉄ホームへ。まだ帰宅ラッシュの満席の地下鉄に乗ると、何とここでも"ゆう"に席を譲ってもらいました。有難うございました。日本ではほとんど無視されるのですが、最後にいい気分で唐津に戻ったのでした。

CX510
国際線到着の最終便なので人が少ない。
CX510
地下鉄博多駅から唐津に戻る。満席の地下鉄では珍しく?"ゆう"に席を譲ってもらった。

ホームページ(くわのす)

トップページ

準備編

8月26日(土)

  1. 唐津から福岡へ
  2. 福岡から香港へ

8月27日(日)

  1. 香港出発
  2. ロンドン・ガトウィック空港到着
  3. 空港からロンドン市内
  4. ウエストミンスター地区散策
  5. パブで夕食

8月28日(月)

  1. ウエストミンスター早朝ジョギング
  2. バッキンガム宮殿衛兵交替式
  3. 大英博物館へ移動
  4. 大英博物館見学
  5. ミュージカル・オペラ座の怪人

8月29日(火)

  1. バッキンガム宮殿ジョギング
  2. バッキンガム宮殿見学
  3. スカイガーデン
  4. セントポール寺院
  5. ミュージカル・レ・ミゼラブル

8月30日(水)

  1. レンタカー借出し
  2. ルイス散策
  3. ブライトン到着
  4. ブライトン夕食

8月31日(木)

  1. ブライトンジョギング
  2. セブンシスターズ東
  3. セブンシスターズ西
  4. ソールズベリへ移動

9月1日(金)

  1. ストーンヘンジ
  2. ソールズベリ散策
  3. ソールズベリからフェアフォード
  4. フェアフォード散策

9月2日(土)

  1. フェアフォード旅ラン
  2. バイブリー散策
  3. ボートン・オン・ザ・ウォーター
  4. カッスルクーム移動
  5. カッスルクーム散策

9月3日(日)

  1. カッスルクーム旅ラン
  2. 朝食、カッスルクーム散策
  3. ロンドン移動
  4. ヒースロー空港出発

9月4日(月)

  1. 香港国際空港
  2. 台北経由福岡到着

リンク集

ヒント集

Valid XHTML 1.0 Transitional

正当なCSSです!