くわのす - イギリス旅行記2017 - 8月29日(火)その3

2017年8月29日(火) その3

バッキンガム宮殿見学の後は、スカイガーデンへ移動します。

ページトップ

12:00 ヴィクトリア駅まで歩く

さて、ここからお次のミッション、スカイガーデンへ行きましょう。スカイガーデンとはロンドン中心部にある高層ビルにある展望台です。ほぼ同じ場所に「ザ・シャード」という高層ビルがありそこにも展望台がありますが、そちらは有料、しかも●ポンド(●円)と非常に高価です。ところがこのスカイガーデンはなんと、タダ、無料です。無料ですが、予約が必要とのことで、出発前、日本からネットで予約しておきました。予約時刻は13:30、途中でお昼も食べるので、そろそろ移動しましょう。最寄りの地下鉄の駅、おなじみのヴィクトリア駅へ歩いていきます。

歩道
お土産を買いヴィクトリア駅へ行く。
建物
通りの反対側に建つ建物。
歩道
ヴィクトリア駅までの通りは西側は古い建物、東側は近代的な建物が続きおもしろい。
建物
この辺りはバスの待機所になっているようだ。
歩道
近代的ビルの向かい側の歴史的建物。
ホーム
ヴィクトリア駅に着いた。混雑している。

ページトップ

12:10 ヴィクトリア駅からモニュメント駅へ

ヴィクトリア駅から地下鉄●ラインでスカイガーデンの最寄り駅モニュメントへ移動します。ロンドンの中心部を走る線のためか、たくさんの人です。

セントジェームス駅
ヴィクトリア駅の隣、セントジェームス駅。
路線図
車内に掲示してあった路線図。意外と車いすでのアクセスは悪そう。[拡大]
モニュメント駅
ヴィクトリア駅から15分ほどでモニュメント駅に到着。
モニュメント駅
下車。
モニュメント駅
通路の広告。テレビでもトリバゴのCMをたくさん流していた。
モニュメント駅
下車して1分で改札。

ページトップ

12:30 モニュメント駅前に出る

改札を抜け、モニュメント駅前に出ると高〜い塔が目に入ってきます。1666年にこの辺りで大火があったそうで、その惨事を忘れないようにと建てられた●大火記念塔です。だからロンドンは石造りの重厚な建物が多いのでしょうかね。

日本に帰ってから知ったのですが、この塔にも登れるそうです。ただ、エレベーターとかは無さそうなので、多分徒歩で登るのでしょうね。私たちは、エレベーターで昇れるスカイガーデンに向かいます。

さて、大通りに出てもスカイガーデンが見当たりません。すぐ近くにあるはずなのですが・・・と、上の方を見上げると独特の形をしたビルが目に入ってきました。スカイガーデンです。

テレビドラマ、浪花金融道で、帝国金融のビルを建て替える話が持ち上がった時、下の階は敷地ギリギリに、徐々に上の階を広げていくという、アホみたいな案がありましたが、このビル、そんなアホな案そっくりなデザインです。地震があった時、倒れずに大丈夫なのでしょうか。ちょっと心配になります。

大火記念塔
モニュメント駅前の●大火記念塔。
モニュメント駅前
この塔にも登れるらしい。そんな入り口あったか?
モニュメント駅前
スカイガーデンはどこかいな?。
スカイガーデン
上を見上げると・・・この変な形をしたビルがスカイガーデン。

ページトップ

12:35 昼食

スカイガーデンの予約時刻までまだ1時間あるので、ここらでお昼を食べておきましょう。

駅近くにあったカフェでカフェオレとサンドイッチを購入。レジでお持ち帰りですかという意味の"Take away"というイギリス英語に混乱してしまいます。アメリカでは持ち帰りを"To go"、店内でを"For here"と言いますが、イギリス英語で店内で、はどういうのか知りませんでしたが、アメリカ式に"For here"と言うと通じていたようで、最後までこの表現で通しました。

店内でと言ったものの、ちょうどお昼時で、周辺の会社のビジネスマンで混雑していて、席に空きがありません。しばらく待ちようやく席が空き、サンドイッチにかぶりつくことができました。

街並
さてお昼はどこで食べようか。
建物
ここも歴史がありそうな建物。
EAT
お昼はこの"EAT"というカフェで食べることにする。
サンドイッチ
サンドイッチとカフェオレ。

13:00 スカイガーデンへ行く

今日の夜はステーキを食べる予定なので、腹八分目でカフェから退出、本日2番目のミッション、スカイガーデンに向かいましょう。

街並
カフェからスカイガーデンへ歩く。
街並
この付近も重厚な建物が続く。ロンドンは大体こんな感じ。
街並
さっきまで見えていたスカイガーデンが、ビルの谷間に入ってしまい見失う。
街並
それでも方向は覚えているので、その方向へ歩く。
街並
こちらは駅方向。道を渡ると・・・
スカイガーデン
スカイガーデンが覆いかぶさってきた。
スカイガーデン
この階段の上がスカイガーデン入口。
スカイガーデン
入館待ちの列ができてる。
スカイガーデン
予約時間前だが予約確認書を見せると入れてくれた。

ページトップ

13:10 スカイガーデンからの眺め

入口から入るとセキュリティチェック。●マンチェスターで爆弾テロがあったためか、ロンドンでも主要な観光地や劇場は全て荷物検査などのセキュリティチェックがなされています。

その後、展望台への直行エレベーターで展望フロアに到着です。事前に調べて知ってはいましたが、展望フロアにはカフェがあり、ここで食べたりできます。てっきり予約がいるのかと思っていましたが、ガラガラで、飛込でも十分食べられるようでした。これならここで昼を食べればよかった。

早速、展望デッキに出てみましょう。「ワァオ、すごい」の言葉通り、素晴らしい眺めです。ベランダのようになっていて、物が落ちないようにガラス張りになっていますが、上部は風が 通り抜ける構造なので、気持ちいい風に当たりながら景色が堪能できます。

正面にはテムズ川が流れ、その先にはライバル展望台のザ・シャードがデーンとそびえています。あちらの方がずっと高いのですが、ここまで高くなってしまうと、こちらと同じくらいの感じです。

テムズ川の上流には大観覧車、コカコーラ・ロンドンアイが小さく見えます。同じ方向にこれから行くセントポール寺院が低く見えます。(このあとセントポール寺院に登った時は結構高かった)

下流側にはここも結局行けなかったロンドンタワー。正面には●巡洋艦HMSベルファストが係留されています。よく見ると細〜い橋、ミレニアム・ブリッジが見えます。いつぞやのNHKラジオの英語リスニングの番組でこの橋が揺れて大騒ぎになっているというのをしていましたが、いまは安定し普通に渡れるようです。

スカイガーデン
エレベーターから出ると、そこは展望フロア。
スカイガーデン
カフェがある。ホームページでは予約制との表記があったが、全然混んでいなくて飛込でも利用できそう。
スカイガーデン
カフェを横目に見ながら展望デッキへ。
スカイガーデン
展望デッキはこのようにベランダのようになっていて、風が通り抜ける。
スカイガーデン
真正面にロンドン一高い(値段も)展望台、ザ・シャードがそびえる。
スカイガーデン
テムズ川下流には●HMSベルファスト、その先にタワーブリッジ。
スカイガーデン
この橋が歌になっている●ロンドン橋。
スカイガーデン
その先にミレニアムブリッジ。
スカイガーデン
パノラマで撮ってみた。
スカイガーデン
こちらがテムズ川上流。源流はこの旅行後半で行くコッツウォルズにある。
スカイガーデン
ドーム状の建物はこれから行くセントポール寺院。[拡大]
スカイガーデン
セントポール寺院。
スカイガーデン
この後、このドームのてっぺんに歩いて登ることになる。
スカイガーデン
この細〜い橋がミレニアムブリッジ。西暦2000年のミレニアムにできたが、完成当初、揺れで渡れなかったらしい。
スカイガーデン
これが歌になったロンドン橋。
スカイガーデン
テムズ川をはさんだスカイガーデン真正面の●駅。
スカイガーデン
●HMSベルファースト。HMSとは"Her ●"つまり女王様の事。
スカイガーデン
●。
スカイガーデン
タワーブリッジ。2017年の世界陸上ロンドン大会のマラソンコースはこの橋の手前で折り返していた。
スカイガーデン
皆さん写真撮影に余念がない。
スカイガーデン
「わたしも撮って!」

ページトップ

13:30 スカイガーデン北側の眺め

いつまでも見飽きることのない景色ですが、反対側の北側に行ってみましょう。

ここスカイガーデンは文字通り空の庭、ビルの中に植物がたくさん植えられていて、植物園状態になっています。そんな植物園の中のエスカレーターで更に上に上ります。

上に登ると展望は北に開けます。しかし、南側に比べると川もなく、しかも目の前に高層ビルが建っているので、景色はイマイチです。ただ、この会にはバーがあるので、お酒を呑みながら景色を見るのがいいかも分かりません。

スカイガーデン
スカイガーデンは文字通り空の庭。
スカイガーデン
展望フロアの更に上へ。
スカイガーデン
ここがこのビルの最上階になる。
スカイガーデン
ビルの北側には大したポイントが無いので、南側に比べると感動は少ない。
スカイガーデン
それに目の前にはビルが林立しているので見晴らしも良くない。
スカイガーデン
ここにはバーもあった。お酒を呑みながら過ごすのもいい。
スカイガーデン
街並みは美しそう。
スカイガーデン
このあたりはいかにもスカイガーデンという様相。天空庭園。
スカイガーデン
再び展望フロアへ降り、スカイガーデンを後にする。

ホームページ(くわのす)

トップページ

準備編

リンク集

ヒント集

Valid XHTML 1.0 Transitional

正当なCSSです!