くわのす - イギリス旅行記2017 - 8月28日(月)その1

2017年8月28日(月) その1

ウエストミンスター地区を早朝ジョギング

06:00 起床、ジョギング出発

ロンドン二日目。日本でもジョギングの習慣があるので、せっかくロンドンに来ているのですから走ってみました。

日本と同じように朝6時に起床。不思議と時差ボケが無く、すんなり起きられました。

日本はこの時期、早朝でも暑いですが、ロンドン、ガイドブックやネットの世界の天気予報を見ると、早朝は10度台ということで、寒いくらいと思い長そでのTシャツで準備運動。しかし、意外と寒くなく、長そでではすぐに汗ばんできました。

日本では6時というと既に陽が出ていますが、夏時間採用のイギリスはまだ薄暗い中出発します。

ハノーバー・ホテル
6時起床。朝焼けの空。
ハノーバー・ホテル
ホテル前で準備体操。
ワーウィック・ウェイ
まだ薄暗い中、ワーウィック・ウェイをロンドン中心部に向かって走り出す。[場所]
ワーウィック・ウェイ
この辺りはレンガ造りの建物が続く。 [場所]
ワーウィック・ウェイ
段々明るくなってきた。あれ? 向こうに見えるのはウエストミンスター大聖堂の尖塔ではないか。 [拡大] [場所]
ワーウィック・ウェイ
この辺りはレンガ造りの建物が続く。 [場所]
ワーウィック・ウェイ
レンガ色の茶色い建物に白い窓枠が特徴。
ワーウィック・ウェイ
月曜日の早朝、掃除のおじさんがごみを処分中。
ワーウィック・ウェイ
通勤の女性も歩いている。
ワーウィック・ウェイ
写真の羅列で、グーグル・ストリートビュー状態になってきた。走っている本人もどこを走っているかわからない迷子状態。 [場所]
ウエストミンスター地区
06:20、空が明るくなってきた。
ウエストミンスター地区
車は全く走ってないので走りやすい。
ウエストミンスター地区
ビルの谷間。実はここに来たのは他の方の旅行記に載っていた・・・ [場所]
ウエストミンスター地区
ここに来てみたかったのだ。
ウエストミンスター地区
この建物、今は公民館とカフェとして使われているが・・・ [場所]
ウエストミンスター地区
なんと昔は公衆浴場だったそうで、今でもその痕跡が残っている。
ウエストミンスター地区
中に入ってみたいが、流石にこの時間は閉まっている。 [拡大]
ウエストミンスター地区
これはまた別の建物。このような建物が連なっている。
ウエストミンスター地区
ビルキャニオンと名付けてみた。 [場所]
ウエストミンスター地区
休憩はこれくらいにして走り出そう。 [場所]
ウエストミンスター地区
立体迷路状態になってきた。
ウエストミンスター地区
それにしても静か。
ウエストミンスター地区
もうかなりビックベンに近いはずなのだが・・・。
ウエストミンスター地区
実は後から分かったことだが、ここはウエストミンスター寺院のすぐ裏だった。 [場所]
ウエストミンスター地区
もう少し走ると・・・
ウエストミンスター地区
こんなところに出てきた。右は国会議事堂。 [場所]
ウエストミンスター地区
こちらはウエストミンスター寺院の裏。
国会議事堂
こちらは国会議事堂。ツアーに参加すれば中に入れるらしい。
ウエストミンスター寺院
昨日も来たが、ウエストミンスター寺院にも行ってみよう。
ウエストミンスター寺院
ウエストミンスター寺院。朝なので誰もいない。
パーラメント・スクウェア
パーラメント・スクウェアに出てきた。ここも昨日はたくさんの人がいたが、朝は全くいない。 [場所]
ロンドンアイ
ウエストミンスターブリッジを渡ろう。
テムズ川
テムズ川上流を望む。この川の源流は、後日行くコッツウォルズ。
ビッグベン
おお、これは素晴らしい。朝日にビッグベンが照らされている。 [拡大]
ビッグベン
テムズ川の向こうにビッグベン。これぞ、ザ・ロンドンの光景。 [拡大] [場所]

ページトップ

06:40 折り返し

ウエストミンスター橋を渡ると、ちょうど朝日がビッグベンを照らし出し、一層華やかな色合いになってきました。ここは昨日も来たところですが、朝が早いためか観光客はほとんど居なくて、この素晴らしい景色を独り占めです。

時刻は6時40分、ここらで折り返しセントジェームス公園、バッキンガム宮殿を経由してホテルに戻りましょう。

セントジェームス公園もほとんど人がいません。今日は月曜日なのに、出勤する人は・・・そうか、今日はバンクホリデーで休日なのですね。だから人が少ないのか。

セントジェームス公園でスマホのバッテリー切れ。結局この日の走行距離は5kmくらいでしょうか。

パーラメント・ストリート
橋を戻り、帰りは違う道を走る。 [拡大] [場所]
公衆電話
ここらは官庁街なのだが、平日の朝にしては人が少ないな、と思っていたらこの日はバンクホリデーで休日だった。 [拡大] [場所]
最高裁判所周辺
最高裁判所周辺。
セントジェームス公園
セントジェームス公園に入ってきた。
セントジェームス公園
公園内は自動車は勿論、自転車の走行も禁止されているためジョギングに最高の環境。
セントジェームス公園
あっ、リスさん。 [場所]
セントジェームス公園
公園に池があり、その向こうにバッキンガム宮殿が朝日に輝いていた。 [拡大] [場所]
ハノーバーホテル
ハノーバーホテルに無事到着。
走行距離
途中でバッテリー切れのため走行距離は分からないが、5キロくらいだろうか。

ページトップ

07:30 朝食

このホテルは朝食付きです。07:30から食べられるとのことで、シャワーを浴びてから食堂へ参上します。

食堂は地下一階。この辺りの建物はどこも地下室が付いているようです。地下室と言っても真っ暗ではなく、道路から出入りできる階段もあり、採光が考慮されています。

メニューはコンチネンタル・ブレックファースト。手の込んだものはなく、パン、コーヒー、ハム、チーズなどビュッフェ形式になっています。

ここの食堂、ちょっとテーブルの配置が悪く、奥の方に座りそのあとから来たお客さんが手前の席に着いてしまうと、出入りができなくなってしまいます。もう少しテーブルの配置に余裕があれば落ち着いて食べられるのですが。

朝食
朝食は7時半から。もう少し早ければいいのですが。
朝食
コンチネンタル・ブレックファースト。種類は多くない。
朝食
パンにハム、そして忘れてはならないのが右のシーリアル。なんでもイギリスではこれが「おふくろの味」なんだそう。
朝食
食堂は地下だが外からの光がまぶしい。

ページトップ

09:30 ホテル前で記念撮影

ハノーバー・ホテル
ハノーバー・ホテルの前の建物もハノーバー・ホテルと同じ外観。

そういえばロンドンに来てから記念撮影をまだしていません。忘れていたのではなく、セルフタイマーで撮るとカメラが盗まれるのではないかと思い、撮る勇気がありませんでした。ここ、ホテル前は人があまり歩いてませんので、ここぞとばかり記念撮影撮りまくりです。お見苦しい写真がありますが、しばし我慢を・・・

ハノーバー・ホテル前
道の真ん中で記念撮影。
ハノーバー・ホテル前
こちらはハノーバーホテルのお向かいのホテル。
ハノーバー・ホテル前
日本のような電柱が建っていないので、とにかく街並みが美しい。
ハノーバー・ホテル
本日空室あり。

ホームページ(くわのす)

トップページ

準備編

リンク集

ヒント集

Valid XHTML 1.0 Transitional

正当なCSSです!